ノーカテゴリー

北海道No.1!?の讃岐うどん「かばと製麺所」

私が個人的に大好きである「うどん」の美味しいお店について書きたいと思います!よだれ出ること間違いなしの写真がどんどん掲載されますので、空腹時には閲覧しないことをオススメしますw

条件としては、

  • 北海道内で営業している
  • 直接来店したことがある
  • 写真もしくはWebサイトにて確認できる
  • 車があれば行ける場所

という条件をつけてはおりますが、行ったことがなかったり、知らないお店も多々あるため、本当に個人的な見解での紹介となります事をお許しください。

早速ですが、個人的にナンバーワンのお店をご紹介いたします!!

かばと製麺所(旧まんでがん製麺所)

まずはじめに知ってもらいたいのが、ここの店長である「はっしー」さんは、本場香川のうどんの有名店「池上製麺所」で1年半ほど修行を積んで、はるばる札幌に来てうどん店を開店させたという事!

この店を知った事で、うどん好き人生がスタートしたと言っても過言ではございません!この味を知り、本場で味わってみたい、香川のうどんを制覇してみたい!!という夢を持つことになりましたw

最近知ったのですが、高知県在住のイケハヤさんは、Voicyで高知のうどんの魅力を語っており、香川県との違いも説明していたため、高知県のうどんにも興味をもった次第ですw

四国に行った際は、香川と高知のうどんを制覇する!!という目標の元、生活基盤が整い次第、食い道楽の旅をしたいと考えておりますw

話は戻りますが、元々は札幌市中央区にある、ノルベサという観覧車が設営されているビルの地下1階で営業していて、その頃は週3ペースで通っておりました!

その当時の名前は「まんでがん製麺所」という店名で、バー店員時代にこのお店がオープンすると知り、行ってみたところ完全にハマってしまい、バイトの日は9割の確率で食べに行ってましたw

上記の写真は現在の「かばと製麺所」で食べた時の写真ですが、まんでがん製麺所時代の写真の枚数たるや、数えてはいませんが、かなり保存しております

愛好心は札幌から移転してからも変わらず、行く頻度は極端に減ったものの、SNSやテレビで活躍しているのを見かけると次第に食べたくなります!

値段的にいうと、本場香川県で食べれる値段よりも割高ではありますが、一食分の値段と考えればそこまで高価ではない印象でした!上記の写真で言えば800円くらいでしょうか、、

個人的には「ぶっかけ冷や冷や並」に、トッピングとして「とり天・半熟玉子天」は外せませんね!これが自分が一番好きな食べ方&トッピングの組み合わせです。(「冷や冷や」とは、うどんもダシも冷たい、という意味です)

わかりやすく簡単に説明しますが、うどんの食べ方には種類がありまして、、

かけ(温・冷)とは、
・直接飲んでもちょうど良いくらいの塩加減のダシの事
ぶっかけ(温・冷)とは、
・直接飲むとしょっぱい、醤油に近いがダシの風味が強いダシの事
しょうゆ(温・冷)とは、
・備え付けてあるダシ醤油をかけて食べる食べ方の事
釜揚げとは、(温のみ)
・その名の通り、湯がいてすぐのうどんで、基本的にはダシ醤油で食べる

※ダシ自体が温かいのが温で、冷たいのが冷。うどんも同様で温と冷が選べる(釜揚げは除く)

 

こちらの写真は「まんでがん製麺所」で、ほぼこれしか頼んでいない「とり天と半熟玉子天」がセットになった「親子ぶっかけ冷や冷や※」ですね。
※メニュー名は定かではありませんが、この時すでにいつもの!で通じていたw

麺のコシはがっつりと、、ぶっかけのダシの香りは天にも昇る気持ちになるほど、、半熟玉子天のかじりついた瞬間のトロフワ感、、、とり天の下味には柚子のような胡椒のような香り、爽やかなのにめちゃくちゃジューシー、、それを引き立たせるべくレモンやスダチを絞る、、、

くぅ〜〜〜たまらんっ!!!

書いているだけでヨダレがでますw

個人的な思い入れも強いため、自分が知るうどん店 No.1

ここ「かばと製麺所」です!!

しかしながら、移転してからメディアにも出演することも多くなったため、今では大人気店となり、連休や土日に行くと間違いなく行列ができ、待ち時間が発生します

GW中に行きましたが、オープンする5分前の段階でも30人待ちという状態で、食べるまでに1時間はかかりました

ですので、混まない時間を狙って平日の営業時間中に行く、前もってSNSで営業の時間を確認しておく事をオススメいたします!稀に休業している場合がありますので、行くと決めたら絶対に確認してください!

ホームページはありませんが、Facebookページはありますので、行きたい方はぜひFacebookで「かばと製麺所」と検索すると出てきますので登録してみてください!

食べログに詳細が掲載されてますのでリンクはこちら!

かばと製麺所
石狩郡当別町樺戸町355
0133-22-3377
営業時間11:00〜15:00
定休日は不定休(SNSで要確認
(12月〜3月は休業)

休業中の冬期間は、「まんでがん外伝」として、札幌市内で営業しております
こちらも食べログリンクはこちら!

まんでがん外伝
札幌市北区北15条西5-1-7 ほくせいビル1F
011-737-7411
営業時間11:00〜15:00
火曜定休(不定休のためSNSで要確認
(冬期間のみ営業)

体験談ではございますが、SNSで調べもせずに行ってみたら休業だった、という経験が何度かありますので、行く場合は絶対に確認してから行ってください!

その時の精神的ダメージの大きさは計り知れませんw

上記の写真で発覚したのですが、うどんを黒い器で盛られているのが、「まんでがん製麺所」の写真、白い器で盛られているのが「かばと製麺所」の写真であるという事実w

かばと製麺所に関して言うと、店舗自体は小さいのですが、敷地が広大なため、天気の良い日であれば、外でうどんを堪能することができます!トッピングに関しても季節の山菜も豊富に取り揃えられているので、時期が違えばいろんな山菜を堪能できるのも大きな魅力と言えるでしょう!

滅多に行けないこともあり、いつもトッピングを頼み過ぎてしまう傾向があるのは致し方なしw

ちなみに私は函館市の田舎在住ですが、かばと製麺所までまっすぐ向かうと、車で約5時間半、距離でいうと約300kmありますw(参考アプリ:GoogleMap)札幌からであれば40分〜1時間くらい!

ですので、かばと製麺所だけ行く!という理由ではなかなか厳しいところがあるので、残念ながら札幌に用事がある場合しか行くことができません。

春から秋の期間であれば、「かばと製麺所」

冬期間中は「まんでがん外伝」

うどん好きであれば、是非一度足を運んでみてください!

店長の「はっしー」さんも、めちゃくちゃ気さくな方で、忙しくなければ結構話をしてくれるので、ぜひ気軽に声をかけてみてください!

余談ではありますが、うちの奥さんも「かばと製麺所」に連れてきて以降、うどんの虜になったのは言うまでもありません!

その他にも美味しいうどんのお店はたくさんあります!!まだ足を運べていないお店も何店舗もあると思います!

チェーン店である丸亀製麺や伊予製麺、それ以外でも、かがわ軒・一久・寺屋(未訪)・増田うどん(未訪)などなど、、有名店はたくさんありますが、その紹介に関しては改めて行って、しっかりと写真を撮ってきてからご紹介いたします!!もしこれでナンバーワンが変わることがあれば、もちろんリライトにて書き直しますので、乞うご期待!!

個人的にはお酒を飲んだ後の締めのうどんとして、札幌は「ススキノ」にある「五ん兵衛」のエビ天うどんはたまらない一杯ですねw

ススキノという繁華街ってだけあって、18時から朝の5時まで営業している曜日もあります!!

詳細に関しては食べログリンクにて。

うどん 五ん兵衛
札幌市中央区南5条西5丁目 塚本5・3ビル 1F
011-521-1081
営業時間
[月〜木]18:00〜翌4:00
[金〜土]18:00〜翌5:00
日曜・祝日定休

味に関して言えば、断然「かばと製麺所」ですが、頼んでから出てくる早さはピカイチ(天ぷら揚げる時間分)、写真ではエビ天が一本乗っているだけですが、30秒くらいしたら揚げたてのエビ天がもう1本追加で投入されますw

揚げたて過ぎて、ダシが跳ねますからね!!ジュワジュワ〜っていう、その演出が好きなのですw麺は見ての通り、手打ち感一切無しのやっすいやつですが!w

飲んだ後の締めとして、よくお世話になっていたお店!という記事も五ん兵衛の写真見て書きたいと思ったので、こちらも乞うご期待ください!

というわけで、私の大好きな、北海道で一番好きなうどん屋さんは「かばと製麺所」という事で、興味がありましたらぜひ行ってみてください!

もしここのうどん屋さんオススメですよ!という有益な情報があれば、ぜひ教えていただければ、いずれ絶対に行きますので教えていただければと思います!

ABOUT ME
shidayuu
元バンドマンで読書・書評をしている函館在住32歳、しだゆうと申します! このブログでは主に読書した内容を元に、「ヒラメキを発信する」をテーマとして毎日更新しています。 書評をメインに、たまに元バンドマンの知識を発信していきます! あなたの役に立てる記事を書いていきます!