ノーカテゴリー

おっさんの肉体改造計画!プールトレーニングのススメ

どうも、しだゆう(@araShidayuuKi)です!

函館もだんだんと暖かくなってきましたが、まだ寒い日もあるため、海で泳ぐなんてことはできませんので、プールトレーニングのススメ、について話したいと思います

ど田舎と言っても、コンビニが3店舗(セブンイレブン・ローソン・セイコーマート)ある漁師町なので、市営のスポーツセンターだったり、市営の町民プールというのもあります!

どんなとこでやってるんだ?と気になる方は詳細のリンクを貼り付けしておきますので気になったらみてみてください

函館市南茅部プール|函館市

場所は少し離れますが、冬は雪が積もればスキー場もオープンするので、なんだかんだいって色々とできるなぁと感じる今日この頃、、

すべて車で10分以内くらいの距離なので、我が町の住人であれば気にする距離ではありません

自分の個人的なお話となりますが、

プールトレーニングが、身体全体の筋肉を使うトレーニングだと認識しており、マラソンをするよりも水泳した方が良い!!という独自の理論に基づき、2018年5月16日(水)より開始いたしました

おっさんの肉体改造計画について

私も今年で33歳となります

三十路を越え、さらにはゾロ目の歳ということで、家族もいるので健康を意識するのは当然だと考えております

目指すべき姿は、B’zの稲葉さんのようなガッチリしつつマッチョすぎないそれでいて若々しいというのが目指す先と考えております

なぜプールトレーニングなのか

色々なトレーニングがある中で、なぜプールトレーニングを選んだのか、

その理由は、

・膝や腰などの関節に負担をかけずに効率よく鍛えたい
・内臓にも負荷を与えることで、心肺機能の強化をしたい
・部分的ではなく、全体的に刺激を与えたい
基礎代謝力・体力をつけたい
短時間でしっかりと鍛えたい

もちろん走ったりすることでも、内臓に負荷をかけ鍛えることができます

とはいえプールの中で行うトレーニングは、陸上を走るトレーニングに比べ、膝や腰などの関節にかかる負担を軽減できるため、より長続きする、と考えたからです!

全体的な面でいっても、上半身の筋肉もバランスよく鍛えることができるので、自分としての理想と考えたからです

あまり長い時間をかけずに、短時間で集中的に負荷をかけて、内部も外部も同時に鍛えたい、という欲望に答えるにはプールトレーニング1択でした!

プールトレーニングを始めるにあたり必要なもの

裸でプールを泳げるのは、貸切にしている場合か、自己所有のプールのみとなりますので間違っても手ぶらで行ってはいけませんw

私の友人は、水着ではなくパンツで入った事がありますが、腰のゴムが弱いためすぐ脱げて丸出しになりますので、間違ってもパンツで入るのはやめましょうw

水着の貸し出しや、水中眼鏡の貸し出しをしているところもありますが、私の行く市営プールでは水着の貸し出しはありませんので、持って行かなかったら入れませんのでお気をつけください

基本的に必要となるものは

・プール用の水着(もっこりしているやつじゃなくてもOK)
・水中メガネ(視力悪い人用に度付きレンズのものもある
・水泳帽(浸透性のものと水を通さないプロ仕様のものもある)
・プール施設利用料金(私の場合は1回300円)

意外と知らない人が多いかもと思ったので強調しましたが、常時メガネの人が裸眼で水泳するとある種の危険を犯すことがあります

その対策として度付きの水中メガネが販売されております!

下記にてリンク添付いたしましたのでぜひ参考にしてみてください!

視力が悪い人用に「度付きの水中メガネ」がある

この水中メガネ、1500円以下で買えるんです!!

しかも度数に関しても色々選べるので、自分の度数がわかる方であればそれを探して買うのがいいですね!

私は最近コンタクトレンズを2weekから1Dayに変えたばかりで、

左が-4.25右が-4.00なので、このタイプで-4.0を選べばドンピシャです!

今持っている度付きの水中メガネは、買った当時は丁度良い度数だったのですが、現状としてはあまり見えなくなっていたのでこちらに買い換えました!

耳栓もついてるし曇り止めだし、めちゃお手頃です!

見えない状態で泳ぐ場合の2つのリスクとは

ちなみに裸眼で泳ぐリスクに関しては、2つあります!

1つ目は、、

平泳ぎなどの手を真横に開く泳法の場合(バタフライも)隣のレーンや、すれ違う際に、あらぬところを触ってしまう可能性があるということ

同性であれば何事もなく済みますが、私みたいなヒゲヅラのおっさんが女性の身体を間違って触ってしまったりなんかしてしまったら、、、、、

即逮捕〜!!ってなりますよね、、

わざとじゃないんです〜と言ったところで、手遅れになります。。

これはガチであり得そうな話なので、絶対気をつけないといけませんね。

気になる2つ目は、、

美女や美男が泳いでいても気づけない、、

しだゆう

はっ!!めちゃくちゃ大事なことじゃね〜か!!

かくちゃん

、、、ここに怪しいやついますよ〜

そもそも私の住んでいるド田舎では、美男美女がプールでトレーニングなんてするはずもないので、いてもジジイかババアか子供かヒゲヅラのおっさん(自分)のどれかですけどねw(かなりな偏見)

2つ目に関しては不真面目な見解ではありますが、1つ目の注意事項に関しては笑い事では済まされないですし、見えなかった、じゃ済まされない話になりますので、是非気をつけましょう!!

プールトレーニングをする上での考え方

プールトレーニングの目標設定

トレーニングをする上で大切なのは、何を目標にするかということ!

漠然として身体を鍛えたい、、ではなくて、どこのどの部分を鍛えたい、、と思うことが重要であると、筋トレをする際にはよく言われる事です!

腕立て伏せをする際にも、腕を太くしたい、と意識してトレーニングを重ねるのと、胸筋をつけたい、と意識してトレーニングを重ねるのとでは、同じトレーニングでも結果が違うらしい、、

要するに、

鍛えたい部分を意識する事で、その部分が刺激され強化される!

という事なのだろう

なので、何も考えずに筋トレするよりかは、この部分を強化したい!

目的を明確に考えることにより成長速度は全然違うという事なので、トレーニングする際は意識しなきゃむしろ損すると考えた方がいいでしょう

筋トレだけの話ではなく、個人の目標に関しても同じことが言えるので、一概に間違った考え方ではないと思います!

何を目標にするかで、結果や見え方が大きく変わってくる事は大いにあり得るので、何をするにしても意識付けしていきましょう!

プールトレーニングで鍛えたい部分

個人的にプールトレーニングで特に鍛えたいところ、、

胸筋・背筋を理想の稲葉ボディに近づける!

というのが目的なので、胸筋強化と背筋のビルドアップを主として、週2回を目安に続けます!

稲葉ボディ??と思われた方、、ここに写真を載せるのは規約違反となってしまう可能性があるため、興味がある方はぜひググって見てください!

どこの稲葉か?という疑問に関しては、B’zの稲葉さんである事は断言しておきましょう!

ちなみに稲葉さん、、1964年生まれなんです、、、

今2018年ですよ、、、、2018 – 1964 = 、、、、

 

今年で54歳!!!!!!!!!!

稲葉大先生は今年54歳ですか!!!それであの若々しいご尊顔で、若々しい美ボディをお持ちでおられる、、、、あっ、ありえへん、、

世の中って不思議なことがいっぱいあって、、、その一つじゃないでしょうか!ってくらいの衝撃を年齢を見るたび思いますw

美魔女、ならぬ美魔男ですな!!「びまお」と読みます、今作りましたw

B’zの稲葉さんは美魔男認定いたします!!w

いや〜歳聞いてびっくりしてますけどね、、、本当素晴らしい肉体の持ち主でして、、私も歌声に憧れ、顔にも憧れ、、身体にも憧れているので、なれるもんなら稲葉さんになりたいってずっと思ってますねw

あんな歳の取り方できたら格好いいよなぁ〜なんていつも思っています

理想の身体になるための泳法は

泳法という聞きなれない言葉ですが、水泳方法を略したってだけですw

胸筋と背筋を理想の形に近づけるためには以下の泳法をやり続けたいと考えております!

  • 平泳ぎ(胸筋と背筋が刺激される、イメージ:北島康介選手)
  • バタフライ(胸筋と背筋が激しく刺激される、イメージ:松田丈志選手)

平泳ぎに関しては、

・水をかく動作が、胸・肩・腕に負荷がかかるため、水の抵抗分だけ筋肉が刺激される

バタフライに関しては、

・平泳ぎ同様に、水をかく動作が胸・肩・腕に多大な負荷がかかるため、水の抵抗+体重分だけ筋肉が刺激される、しかも体力も大いに削られる

今回は初回のプールトレーニングでしたので、バタフライはやりませんでしたが、この平泳ぎだけでも続けているうちに、胸筋と背筋に負荷がかかっていると感じました

32歳という歳の影響もありますが、おそらくトレーニングした翌々日に筋肉痛がくると思われます、、若い頃はその日のうち〜翌日には筋肉痛がきていたもんですが、、これは歳のせいであると言えるでしょう

もちろん、他の泳法もありますが、今回の目標に向けては「平泳ぎ・バタフライ」メインにしてトレーニングをしていきます!

だたし、心肺機能を強くしたいということであれば、「クロール」も同時にやる必要があると感じています

クロールは心肺機能を強化する

その理由としては、クロールはどちらかというと高速回転型の泳法なので、同じ25メートルを泳ぐにしても体力の削られ方はかなり違います。

自分の感覚としては、、

25メートルのクロール = 50メートルの平泳ぎ

くらいの違いがあります!これは私がリアルに感じている感覚です

もしかしたらもっと疲労感はあるかもしれません。。

ですので、せっかく泳いで鍛えるんだから心肺機能もがっちり強化したい方には、疲労感の強いクロールをオススメします!

背泳ぎに関してもクロールの逆版ではありますが高速回転型の泳法なので、入江陵介選手のようになりたい人はやってみる価値あると思います!

※バタフライに挑戦しなかった理由

ちなみに初回だからという理由でバタフライをやらなかったのには理由がありまして、、

結婚指輪が取れそうだった

というのが一番の理由ですねw

今まで結婚指輪をする機会がなかったので、退職してからは毎日つけるようになり、その勢いでプールにいって泳いでみたら、腕を降るたびに取れそうになる始末、、

指輪を買った当初から余裕あるサイズだったのですが、3年後の今も変わらずで、、

何かの拍子にスポーンと飛んでいってしまうくらいの状態なので、平泳ぎであれば大丈夫だと感じますが、バタフライであれば間違いなく飛んでいってしまうなと感じたので、初回に限りバタフライ泳法は控えさせていただきましたw

プールで泳いでて無くしちゃって、、、なんて奥さんに報告したら、どんだけ怒られるかわかりませんからね

次回のプール時は外してから、トレーニングを始めたいと思います!

絶対排水溝の中に行っちゃいますからね、、気をつけましょうね!

プールトレーニングの良いところ

さてさて、なぜウォーキングやランニングじゃなく、プールトレーニングを選んだのか、という理由についてお話しいたします

その理由は、、

鍛えたい部分はもちろん、身体全体に負荷をかけられるから

ですね。

プールって楽そうに見えて、重力は軽減されますが水の抵抗力が負荷としてかかります。

新婚旅行で沖縄(上記写真)に行って、青の洞窟に行ってきましたが、その後に予定していたアクティビティは爆睡のため中止した、という経験から、その疲労度たるや普段の生活では得られないほどなんだと感じました

その時は予約していなかったのでよかったのですが、予定としてはバナナボート乗ったりしたいね〜という話ししてましたが、全然ね、、話にならなかったですよw

戻りますが、プールで泳ぐ、ということも、プールで歩く、というだけでも割と効果が見込めます!

足腰の弱い方がプールで歩いたりしているのも、膝や関節に負担をかけずに、トレーニングができるという利点があります

それを実感するのが、プールから上がる瞬間です

自分の体重の重さをこれでもかっていうくらい体感できます、身体全体に重石でもしてるんじゃないか?ってくらいの違和感がありますね

かたい筋肉を育てる、というよりも柔らかい柔軟な酸素をたくさん含んだ筋肉を育てる事につながると、、私の大好きな漫画の一つでもあるはじめの一歩でもトレーニングの一環として紹介しております。

何巻で紹介していたか忘れましたが、、w

しかも単行本が100巻記念という事で!おめでたい!!

高校生時代に、授業中にも関わらず回し読みしてた本の一つでもありますw

かくちゃん

あ〜そんな事もあったな〜

しだゆう

教科書に隠して読んでたね〜、てか知らないうちに俺の弁当食ってたやつもいたもんなw

紹介する本は基本誰でも知っている本だと思いますが、知らない人がいたら試しにホームページだったり、動画だったり見てみてください!

1巻からみていくと、絵のクオリティがめちゃくちゃ変わっていくのもリアルに体感できますしw

あわせて読みたい
相撲のニュースは見るな!漫画「火ノ丸相撲」が相撲を守るどうも、週刊少年ジャンプ愛読者のしだゆう(@araShidayuuKi)です! 先日書いた週刊少年ジャンプの漫画の一つで現在も連載...

話はそれましたが、、身体全体に負荷をかける利点として、鍛えたい部分は泳法でカバーして、それ以外の基礎的な部分も補えるというのが特徴ですね。

心肺機能から、太ももや足の筋肉、腹筋や首の筋肉など、、

普段の活動では使わない部分もプールトレーニングであれば使うため、なんでこんな箇所が痛いのだ?となるのはよくあります

私が実行する内容はたったの30分で終わる内容ではありますが、慣れれば30分で25メートルプールを10往復(500m)は全然可能です!

久々にやって500m(10往復)泳げるのであれば、体力ついてきたら1000m(20往復)はすぐそこです!!

その時間だけはひたすら泳ぐ!ストイックに行きましょう!

プールトレーニングの利点まとめ

メリット

身体全体を鍛えることができる
・落ちにくい脂肪にも水の圧力・抵抗力の負荷がかかり、刺激される事で燃焼に繋がる
・膝や腰などの関節に負荷をかけずに、トレーニングできる
・普段の筋トレだと鍛えれない部分を鍛えることができる
・鍛えたい筋肉を意識づけする事で、その筋肉を脳内から刺激し鍛えることができる

デメリット

・プールのある場所まで行かないとできない
・裸眼の視力が悪い場合、度付きの水中眼鏡を使う必要がある
・少額ではあるが、施設利用料金がかかる(1回300円)
・寝不足などがあると、トレーニング後の睡魔がラスボス級の強さ

という感じでしょうか!

1500円以下で買える水中眼鏡はこちらからご確認ください!

是非とも、身体のたるみが気になるな〜って人はプールトレーニングをやってみてください!

以上

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
shidayuu
元バンドマンで読書・書評をしている函館在住32歳、しだゆうと申します! このブログでは主に読書した内容を元に、「ヒラメキを発信する」をテーマとして毎日更新しています。 書評をメインに、たまに元バンドマンの知識を発信していきます! あなたの役に立てる記事を書いていきます!