ライティングの書

【読書Lv.17】1億人すべてに伝わる文章の書き方がある?『一瞬で人の心を操る「売れる」セールスライティング』

どうも、不完全な完璧主義者の、しだゆう(@araShidayuuKi)ですw

今日紹介する1冊はこちら↓↓

『一瞬で人の心を操る「売れる」セールスライティング』村上むねつぐ

 

本書は「コンテンツ力を高める方法・信頼を得るための方法」を書いた1冊です。


著者を簡単に紹介すると

  • セールスコピーライター
  • ベンチャー・キャピタリスト
  • 12時間のセールスで世界一の記録を達成(ギネス認定)

という実績を持つ方です!

本の表紙にも書いてありますが、12時間で5億円以上の売上をあげたとか、、セールスの怪物ですなっ!


 

今回、本書から紹介する内容は、、

「どんな人を想像して書いたらいいのかわからない、、」

「1億人いたら1億通りの考えがあるんだから、うまく伝えられない、、」

「人間を大きく分けて考える方法はないものか、、」

と果てなき悩みを抱えている、、

 

そんなあなたに読んでもらいたい内容です!

とはいえ、1億人すべてに伝わる文章を書く方法なんてあるわけがない、、

 

でも、あったら知りたいですよね?

それでは、さっそく紹介していきます!

一瞬で人の心を操る「売れる」セールスライティング

人間の学習タイプは4つに分けて考えること

ちゃんば
ちゃんば
人間の学習タイプは4つある、ってどういうこと??
しだゆう
しだゆう
学校にいくとわかると思うんだけど、人にはそれぞれタイプがあるの。せっかちな人もいれば穏やかな人もいる!私とお母さんみたいに、、タイプちがうでしょ?
ちゃんば
ちゃんば
そうだね!お父しゃんとお母しゃんではタイプが全くちがうよね。
しだゆう
しだゆう
そうなの!本書ではそのタイプを分けて考えることの大切さを教えてくれるんだよ!
しだゆう
しだゆう
逆にいうと、それを理解していないと伝え方がブレてしまうってことだよね。

人間にはいろんなタイプの人間がいますよね?

 

いきなり行動してしまう人だったり、

じっくり考えてから行動する人だったり、、

 

1億人いたら1億通りの考えがあると言われるように、考えたらキリがないんじゃないか?って思っちゃいがちです。

ですが本書では、大きく「4つの学習タイプ」に分けて考えています。

 

1億通りなんて考えてた日には、一生を無駄にしてしまうほどの膨大な時間を使ってしまいますからね、、

 

まずは大きく4つに分けて考えることが大切です!

なぜ、大きく4つに分ける必要があるのか、、

学習タイプを4つに分ける理由

その理由は、今すぐやりたくない人に「今すぐやりましょう!」と力説しても、まったく意味をなさないから、です。

 

そもそも本書では、行動して実績をあげてもらうことで信頼を得ることができる、と説明しています。

信頼を得るためにも、まずは行動してもらわないと話になりません。

 

ですから、まったく意味のなさない力説は不要なのです。

それは明らかにお客様を理解できていない、ということにもなります。

 

ですので、まずは4つのどのタイプの人なのか?と考えること。

そして、その人にあった手段を選んで提案する必要がある、のです。

 

では、具体的にどんな学習タイプがあるのか??

まずはこの「4つの学習タイプ」があると理解する

本書では人には大きくわけて4つのタイプがあると伝えています。

その4つのタイプとは

  1. なぜタイプ
  2. 何タイプ
  3. どうやってタイプ
  4. 今すぐタイプ

この際に、ぜひ自分はどのタイプなのか?

という点にも注目しながら見てください!

なぜタイプとは

まず、なぜタイプとは

やらなければいけない理由を聞くと、モチベーションが上がり、行動したくなるタイプのこと

です。

 

このタイプの人は、理由がわからないと行動できない人のことです。

しっかりと考えた上で、ちゃんとした結論が出ていなければ納得しない・やらないタイプ、ということです。

 

このタイプは割と多いですね。

私自身もこの要素はあります!

ちゃんば
ちゃんば
なぜタイプかぁ、、あたちも理由がわかればやってみよう!って気になるなぁ。
しだゆう
しだゆう
そうだよね!わからないまま進めないもんね!実は4つのタイプの中で上位を争うのがこの「なぜタイプ」なんだよ!
ちゃんば
ちゃんば
そうなんだ!じゃあ割とタイプ的には多いんだね!

何タイプとは

つぎに、何タイプとは

裏付けがとれると行動意欲が湧くタイプのこと

です。

 

このタイプの人は、証拠や背景が理解できないかぎり行動できない人のことです。

いわゆる論理的でないと次に進めない人のことですね。。

 

このタイプは割と多いですよね??周りにも結構いませんでしょうか??

正直、苦手な人に多いパターンですw

しだゆう
しだゆう
うげぇぇ〜、こういうタイプいるよね。苦手なタイプなのよね。。
ちゃんば
ちゃんば
そうなの??論理的とか証拠とかがよくわからんちん。
しだゆう
しだゆう
偏見かもだけど、俺は頭がいいですよ?って人におおいパターンな気がするw
ちゃんば
ちゃんば
それはあきらかに偏見でしょw
しだゆう
しだゆう
そうかもwこのタイプも上位に入っているんだよ!

どうやってタイプとは

つぎに、どうやってタイプとは

方法や流れがわかるとモチベーションが上がり、行動したくなるタイプのこと

です。

 

このタイプの人は、方法論がわからないとスタートできない、人のことです。

順序を追って、何をしたら良いかを教えると動くタイプ、ともいえます。

 

説明書をじっくりみるタイプの人間、ともいえましょう。

ちゃんば
ちゃんば
このゲーム機、使い方がわからないよ、、
しだゆう
しだゆう
どれどれ??なんじゃこりゃ??電源ボタンがないぞ??どういうこっちゃ?
ちゃんば
ちゃんば
ちぇ〜、説明書でも読むしかないね。。
しだゆう
しだゆう
ほぅ!我々は二人ともどうやってタイプではない、ってことがわかったねw
ちゃんば
ちゃんば
あっ!そうだねw最初から説明書みてやるタイプの人がどうやってタイプだもんね。

今すぐタイプとは

さいごに、今すぐタイプとは

他人の成功実例をみたら、すぐに真似したくなるようなタイプのこと

です。

 

このタイプの人は、理由や背景も方法もどうでも良いから、聞いたらすぐ行動してみる、人のことです。

こういう人って、意外といるようでいない、というのが印象としてあります。

 

若くてチャラい人は、行動派が多くて、「とりあえずやってみんべ〜!」ってな軽いノリで行動する人はいますね。

頭で考えるのが面倒くさい、からこそ実践して理解する、、という考え方の人に多いですね。

 

ただ、行動派の人ほどチャンスを掴むって、よく聞きますよね?

ノリが軽いからこそ、チャンスをサクッとみつけてがっちり捕まえることができるのです!

 

この要素は、自分に欲しい!という要素の1つですね!

ちゃんば
ちゃんば
お父しゃんには、この要素あると思うんだけど!
しだゆう
しだゆう
たしかにあるのは自覚しているんだけど、もっと欲しいのよ!
ちゃんば
ちゃんば
なんでそんなに欲しがるのさ??
しだゆう
しだゆう
だってさ、世のすごい人たちってみんな即実践できるフットワークの軽さを持っているんだよ!自分のフットワークが重いってだけで、チャンスを逃しているかもしれないからね。
ちゃんば
ちゃんば
ふ〜ん、、そういうもんなのかね。。地道に身につけていこうよ。

伝える順番は「なぜ→何→どうやって→今すぐ」

あなたはどのタイプが1番強かったでしょうか??

そして2番目、3番目と順番をつけてみてください!

 

なぜ順番をつけてもらったかというと、

この順番をつけること、が伝える上で大きなヒントとなります!

 

その理由は、

順番が高いタイプから優先して伝えることで、理解してもらえる割合が多くなるから、です。

 

とはいえ、理論を先に伝えたらダメな人もいるし、実例を見せたとこでダメな人もいるため、どういう風につたえるのが一番良いのか?

著者が考えた、最も効果的な順番は

  1. なぜタイプ
  2. 何タイプ
  3. どうやってタイプ
  4. 今すぐタイプ

です。

 

どうしてこの順番がいいのか、というと

本書では①なぜタイプと②何タイプが全体の7割を占めている、と伝えております。

 

少ない分母の人から伝えたところで、割合の多い人たちがいなくなってしまっては意味がありませんよね。。

だからこそ割合の多いタイプから優先して伝えることで、聞いてくれる人を減らさない、というのが狙いとしてあります。

 

そして最終的には全てのタイプの人に伝わるため、みんなが納得してくれるのです。

ご理解いただけましたでしょうか??

 

本書ではさらに、実際に文章や会話にする方法を伝えています。

それを伝えてしまうと本書の9割を伝えてしまう気がするので、ぜひ手にとって読んでみていただくのをオススメします!

一瞬で人の心を操る「売れる」セールスライティング

まとめ〜完璧主義を捨てろ!

『一瞬で人の心を操る「売れる」セールスライティング』村上むねつぐ
いかがでしたでしょうか??

以下はまとめとして

  • 人間の学習タイプは4つに分けて考える
  • まずはこの4つの学習タイプがあると理解する
  • ①なぜタイプ
  • ②何タイプ
  • ③どうやってタイプ
  • ④今すぐタイプ
  • 伝える順番は「なぜ→何→どうやって→今すぐ」

という内容でお送りいたしました。

 

学習タイプを4つに分ける方法について書きましたが、さらに伝える方法としてどうやれば伝わりやすい文章にできるか、が細かく書かれております!

興味がある方は、ぜひ本書を手にとって読んでみてください。

 

個人的には、モノは試してみる!というタイプの人間なので、実践して良いところは使い続けていきます!

 

本書は上記以外にも

  • ビジネスにおいて最も大切なこと
  • 無名でも、実績がなくても稼げる
  • 信頼を得るための方法について
  • 他人を行動させるテクニックについて
  • アクティブコンテンツの作り方
  • 書き出すと楽になる6つのステップについて

などが書かれています。

 

この本のボリューム自体は非常に軽くて、30分もあれば読破できちゃいます!

買うと損した気持ちになるかもしれませんが、内容は濃いしめちゃくちゃ参考になるので個人的にはとても良い本でした!

 

さいごに、実践する際に重要なポイントとして

完璧主義を捨てろ!

と、伝えてくれています。

 

自分にはグサグサッ!と刺さる言葉なので、肝に銘じて取り組んでいきます!

しだゆう
しだゆう
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
ちゃんば
ちゃんば
ライティングを勉強してもっと伝わる文章を書いていくぞ〜!また遊びに来てねっ!


一瞬で人の心を操る「売れる」セールスライティング

ABOUT ME
shidayuu
元バンドマンで読書・書評をしている函館在住32歳、しだゆうと申します! このブログでは主に読書した内容を元に、「ヒラメキを発信する」をテーマとして毎日更新しています。 書評をメインに、たまに元バンドマンの知識を発信していきます! あなたの役に立てる記事を書いていきます!