時間術の書

【読書Lv.13】あなたが辞めても会社は1ミリも困らない?『君にはもうそんなことをしている時間は残されていない』

どうも、退職してから5ヶ月が経過した!しだゆう(@araShidayuuKi)です!

今日紹介する1冊はこちら↓↓

『君にはもう そんなことをしている 時間は残されていない-もっと自由に生きるための時間のルール70』千田 琢哉

 

本書は「過去の時間の使い方を振り返り、いかにして無駄にしてしまったのか、、」を気づかせてくれる、そんな1冊です!


著者を簡単に紹介すると

  • 2013年1月現在で出版著書が59冊!
  • 次代創造館 代表。
  • イノベーション・クリエイター。

という方です!

2013年で59冊ですよ!Amazonで販売している数を調べてみたら、2018年9月現在では160冊ほど販売しています!

ため息が出るほどすごい人なんだなぁ、、ということがわかりました!


 

今回、本書から紹介する内容は、、

「会社を辞めようと思っている、、」

「だけど退職金が増えるまで待とうかな、、」

「あと1年だけいてくれ!って言われてるしな、、」

と思い悩んでいる、そんな人に読んでもらいたい内容です!

 

私も今年の4月に、7年勤めていた会社を退職しましたが、退職前に読んでおきたかった1冊だなぁと感じました!

とはいえ、どんな内容がグサッと来たのか、、

さっそく紹介していきます!

あなたが辞めても会社が困らない理由

ちゃんば
ちゃんば
いやいやいや、、おとうしゃんが辞めるって言ったときは、同僚の人たちは辞めないでよ〜って言ってたじゃん。
しだゆう
しだゆう
うん。たしかに同僚の人たちには仕事の面での負担が大きくなるからね、申し訳ないなぁって思ったよ。
ちゃんば
ちゃんば
じゃあ会社が困らないっていうのは、どういうことなのさっ?
しだゆう
しだゆう
同僚は仕事が増えるから困るけど、会社は「辞めても大丈夫な仕組み」になっているからね。
しだゆう
しだゆう
その仕組みを知ってるか、知らないかで悩み方が大きく変わるの!辞める前に知ってたらもっとあっさり辞めれたと思うから、その理由を教えるね!

上司はなぜ、あなたよりも毎月の給料が多いと思いますか??

そりゃ、、責任が多いし、下の人の面倒を見なきゃいけないからでしょ!

そんな声も聞こえてくるでしょう。はたまた、

お前よりも大変な仕事しているから当然の話だろうが!

というような声も聞こえきます。

 

もちろん一理ありますし、その通りだと思います。

ですが、会社という組織の中での意味は違います。

 

上司が給料を多くもらう理由は、

誰かが辞めたとしても責任をとる=代わりに仕事をするから

です。

それが責任であり、給料が多い理由です。

 

だからこそ、会社はあなたが辞めてもなんら困ることはないのです!

さらに続けて驚くべきことを本書では書いています。

社長でさえ、今すぐ辞めても誰の迷惑にならない。

その理由は、そのために会社には取締役が複数いるからだ。

と。

 

一般の会社員であれば、取締役=社長の次に偉いのかな?くらいにしか思わないと思います。(私がまさしくそうw)

ですが、会社の仕組みをよくよく考えてみると、そういうことなのです!

 

社長がいつ辞めても誰の迷惑にもならないんだったら、、たかだか一般の社員1人が辞めたところで、、、って思いませんか?

 

だからこそ辞めようと悩んでいる、、けど決断できない、と思っている人がいたら、サクッと辞めてワクワクする新しいことをすれば?って言います。

 

私自身、辞める前に悩んで考えていたことって、辞めてはじめて、そこまで悩んで考える必要なかったなぁって思えたんです。

だからこそ考えて悩むだけ、無駄だなぁ、って思います。

 

それよりもはやく決断して、新しいことを始めましょう!

人生は一度きりなので、決断して楽しい人生にしていきましょう。

あなたを会社に残すために「昇進」という嘘をつく

ちゃんば
ちゃんば
えぇ〜、そんな嘘はついちゃダメだよね!!めっちゃ期待しちゃうじゃん!
しだゆう
しだゆう
うん、初めて言われた時って、めちゃめちゃ期待しちゃうよね!給料上がったらなにしようかな〜とか色々考えちゃうし。
ちゃんば
ちゃんば
そうだよね、、車買おう〜とか考えちゃうかもしれないよね。。でもなんで嘘なんてつくのさ??
しだゆう
しだゆう
それはね、、もっともっと頑張ってもらって売上を上げてほしいからだよ。そのための作戦として「昇進」という言葉をちらつかせて、あおるんだよ。
ちゃんば
ちゃんば
でも、嘘をつくのはいけないよ、、人としてどうなのさ??
しだゆう
しだゆう
それが今の会社の仕組みなのさ、、だけど言ってる本人は嘘をついているとは思っていないんだよ。
しだゆう
しだゆう
なぜなら、「いずれ昇進させようと思っている」からね。。

あなたは毎年のように、昇進の話をチラつかされていませんか??

そして結果として「昇進」できなくて、まさに「傷心」したことはございませんか??

 

ダジャレを交えて申し訳ない、、w

ですが、まさにこのサイクルを経験しないだろうか?

 

かくいう私も、昇進のはなしを日頃からされた挙句、まだ経験不足だ、とかなんとかいわれ、けっきょく7年経過していました。。

自分の中で昇進をチラつかせることを「昇進サギ」と呼んでいますw

 

昇進できなくて傷心した場合はさっさと見切りをつけよう、、」と本書では伝えています。

なぜなら、

口約束を破る人や会社は、永遠に約束を破り続けるから

です。

 

たとえ昇進できたとしても、何度も約束を破られた後の話しなので、何回裏切られたのか、を数えてみるといいでしょう。

目標以上に結果を出せば出すだけ、会社は潤いますが、あなたは疲れてしまうだけです。

 

そしてもっと頑張れるだろう?もっと頑張れば昇進させるから、という甘い誘惑をして、さらに疲れさせようとします。

 

そこで限界がきてしまう人もいます、、ウツになるというのはそういうことでしょう。

そもそも、働けなくなる身体になっては元も子もないので、そうなる前に見切りをつけましょう。

退職時期を考えるのは時間の無駄だという事実

ちゃんば
ちゃんば
おとうしゃんは、退職時期を忙しくない時期にしたよね??それは時間の無駄だったの?
しだゆう
しだゆう
たしかに時間の無駄だったかもしれないね。でも同僚に仕事の引き継ぎすることを考えたら、ちゃんと引き継げるタイミングにしなきゃっ、って思ったんだよ。
ちゃんば
ちゃんば
同僚のために、自分の時間を犠牲にしたってことか。
しだゆう
しだゆう
そういうことになるかな、、残された人が嫌な思いするのは嫌だからね。別に気にしないって人はサクッと退職届だしてしまえばいいと思うけどね!

その会社によって、退職金の額が決められているのはご存知だろうか??

 

全ての会社の退職金制度について熟知しているわけではないです。

ですが、私の経験した会社の退職金は、「新卒だとこれくらい、中途だとこれくらい、、プラス勤続年数」という指標がありました。

 

事実として、7年間勤めた退職金が月々の手取り額より少なかった、、というのは衝撃的な事実でしたね。。

退職金の話しを元上司とした際には、「今の時代もらえるだけでもラッキーだよ」と言われたのは一生記憶に残ることでしょう。

 

そんな実体験を得たことで1つ言えることは、、

退職する時期を考えたり、少しでも退職金やボーナスをもらいたい、と考えるだけ時間と体力の無駄だということ。

退職金を多くもらうためにもう1年頑張ろう、と思うのは人それぞれですが、「会社員としての1年」と「独立してからの1年」では時間の流れ方が全然違います。

 

「早く仕事終わらないかなぁ〜」って思っていた毎日と、「もうこんな時間か、もっとやりたかったなぁ、、」とおもいながら働くのとでは、天と地ほどの違いが生まれるのです!

 

時間は有限であるというのは、過去の記事にて何度も紹介しております!

興味があればコチラの記事も参考にしてみてください↓↓

あわせて読みたい
【読書Lv.11】時間がもっと欲しい、、気づいている人が実践している時間節約テクニック!1440分の使い方-成功者たちの時間管理15の秘訣どうも、「急な呼び出しが大嫌い」な、しだゆう(@araShidayuuKi)ですw 今日紹介する1冊はこちらっ↓↓ 『144...

まとめ

『君にはもうそんなことをしている時間は残されていない-もっと自由に生きるための時間のルール70』千田 琢哉

いかがでしたでしょうか??

以下はまとめとして

  • あなたが辞めても、会社が困らない理由
  • あなたを会社に残すために「昇進」という嘘をつく
  • 退職時期を考えるのは時間の無駄だという事実

という内容でお送りいたしました。

 

本書は上記以外にも

  • マナーの時間の使い方
  • 仕事での時間の使い方
  • 人間関係の時間の使い方
  • 感謝の気持ちを伝えることの大切さ

などが書かれています。

ここ最近読んできた本の中でも、見出しがこと細かく分けられているので、とても読みやすい1冊でした。

 

早い人だと30分、、遅い人でも1時間ちょっとで読み終えれるくらい、サクサクと進められますので、ぜひ一度手に取ってみていただければと思います!

しだゆう
しだゆう
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
ちゃんば
ちゃんば
今回は経験談多めだったけど参考になってくれたら嬉しいなぁ!また遊びに来てね!

【目次】
Part1 君にはもうそんなことをしている時間は、1秒もない
Part2 君にはもうそんなことをしている時間は、1分もない
Part3 君にはもうそんなことをしている時間は、1時間もない
Part4 君にはもうそんなことをしている時間は、1日もない
Part5 君にはもうそんなことをしている時間は、1月もない
Part6 君にはもうそんなことをしている時間は、1年もない
Part7 君にはもうそんなことをしている時間は、残されていない

ABOUT ME
shidayuu
元バンドマンで読書・書評をしている函館在住32歳、しだゆうと申します! このブログでは主に読書した内容を元に、「ヒラメキを発信する」をテーマとして毎日更新しています。 書評をメインに、たまに元バンドマンの知識を発信していきます! あなたの役に立てる記事を書いていきます!