行動の書

【読書Lv.9】コーヒーにはダイエット効果があるってホント?『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』

どうも、毎朝目覚めのコーヒーを飲んでいた、しだゆう(@araShidayuuKi)ですorz…

今日紹介する1冊はこちらです↓↓

『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』馬渕 知子

 

本書は「コーヒーやビールは、正しい飲み方をすれば、ダイエットや自律神経を整える本来の力を発揮でき、その飲み方やタイミングについて」をくわしく紹介しております!

著者を簡単に紹介すると

  1. マブチメディカルクリニックの院長
  2. 学校法人 食料学院の学院長

という経歴の持ち主です!

 

そんな経歴の持ち主がオススメする、コーヒーとビールの素晴らしさ、が書かれた1冊です!

今日の記事の内容は、、

「コーヒーを飲んでるけど、眠くなることがよくある、、」

「コーヒーとビールは、ダイエット効果があるってホントなの?」

と思っている、そんなあなたに読んでいただきたい内容となっております!

 

本書を手に取り、この記事を読んでいただければその理由は明確になります!

なぜビールを飲む人は太っているのか、、太るイメージがついてしまっているのか、、

 

そのあたりが理解できると、スッキリしますのでぜひ読み進めていただければと思います!

では、さっそく紹介していきます!

脂肪燃焼効果のでるコーヒーの飲み方

ちゃんば
ちゃんば
コーヒーってダイエット効果も期待できる飲み物だったの?
しだゆう
しだゆう
そうなの!自分も本書を読むまでは知らなかったよ!
ちゃんば
ちゃんば
そうなんだ。いい香りがリラックス効果があるってのはわかるとして、ダイエットにはどういう要素が絡むんだろうね?
しだゆう
しだゆう
うん!その要素については簡単に記事内で説明するよ!

そもそも、コーヒーがダイエットに適した飲み物である、ということはご存知だろうか?

 

私はほぼ毎日飲んでいるのですが、あまり意識したことはありませんでした。

では、どのように飲めばダイエットに効果的なのか??

 

本書では、

コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」という成分が、脂肪を分解する消化酵素の働きを抑える働きがあります。

と紹介しており、続けて

私たちの体は、吸収されたものが脂肪、タンパク質、糖質であろうと、ある程度まで細かく分解してからではないと体内に吸収できません。

と説明しており、さらに、、、

逆の見方をすれば分解しなければ吸収されないということなので、余分なものは分解しなければ身になることもない、といえます。

と伝えております。

 

要するに、吸収したくない高カロリーなものを食べる際は、コーヒーを飲みながら食べることで太りにくくなる可能性がある!ということです。

 

それだけでなく、、

コーヒーには脂肪燃焼効果があり、飲んだ1時間後に脂肪燃焼のピークがおとずれるとのこと!

 

なので、運動する際はコーヒーを飲んでから運動することで、より脂肪燃焼に効果的といえます!

ちゃんば
ちゃんば
なっ、なんやて〜!コーヒーってそんな可能性を秘めてるだなんて!!
しだゆう
しだゆう
なるほど〜!って思う内容だよね。吸収させたくないなら細かく分解しなきゃいい、だなんてまさに逆転の発想だね!
ちゃんば
ちゃんば
でも、吸収されなかった脂肪とか糖質ってどうなるの??
しだゆう
しだゆう
吸収されなかったものに関しては、トイレで流すウン○やオシッ○として、体の外に出て行くのさ!

コーヒーの効能とは

リラックス効果や、覚醒効果といった効能は、コーヒーの代表的なものだと言えます!

本書で伝えているコーヒーの効能は、

  1. 交感神経を優位に働かせる力
  2. 覚醒作用
  3. 記憶力向上
  4. リラックス効果

などがあげられております。

 

コーヒーにはこのようなメリットがあるのですが、飲み方や時間を間違えるとデメリットがあると本書では伝えております。

では、逆にコーヒーがもたらすデメリットとはなんなのか?

コーヒーの飲みすぎがもたらすデメリット

コーヒがもたらすデメリットとは、、

「デブ」と「疲れ」の元凶になる

ということです。

ちゃんば
ちゃんば
ダイエットの効果のあるコーヒーがなんでデブや疲れの元になるのさ??
しだゆう
しだゆう
それはね、普段コーヒーを飲むときにどうやって飲んでいるか、がカギになるんだよ。
ちゃんば
ちゃんば
普段の飲み方、、自販機で缶コーヒー買うとか、コンビニで買って飲むのが普通だよね?
しだゆう
しだゆう
それが一般的なコーヒーの飲み方と言えるよね。でもさ、缶コーヒーって甘いなぁって感じたことない??
ちゃんば
ちゃんば
う〜ん、、あまり飲んだことないからわかんないなぁ。。
しだゆう
しだゆう
缶コーヒー1本に含まれる糖分の量って、1日に必要な糖分量の1/2が含まれているんだよ
ちゃんば
ちゃんば
えぇ〜!そんなに糖分入ってるんだ!
しだゆう
しだゆう
そうなの!だから何本も飲むと糖質過多でデブになるってことなのさ!
しだゆう
しだゆう
しかも、取りすぎた糖分は血糖値を急激にあげるから、自律神経の乱れにもつながってしまうんだよ。。

要するに、

・太る原因となるのは、缶コーヒーなどの、糖質が多く含まれているコーヒーをたくさん飲むことで糖質過多になり肥満体型になるということ。

・疲れの原因となるのは、糖分の取りすぎで、自律神経が乱れることにより、リラックスできず、ため息がでたり、体がだるい状態になるということ。

デメリットにならない飲むタイミングの目安とは

コーヒーを飲む際の、オススメの時間帯は

  1. 午前中は9時半〜11時半の間
  2. 午後は14時〜17時の間

その理由としては、目覚めのホルモンである「コルチゾール」が減少したタイミングだからです。

 

目覚めのホルモンの流れとして、朝起きると同時にコルチゾールが少しずつ増えていき、目覚めた後の覚醒につながります。

そして覚醒すると、だんだんとコルチゾールが減少していき、それにともない集中力の低下や眠気が襲ってくる、という流れになります。

 

そのため、そのコルチゾールが減少したタイミングで摂取することで、コーヒーの効能を効率よく得られるため、上記の時間に飲むことをオススメしています。

ですので、寝起きすぐのコーヒーは体の覚醒の妨げとなるためオススメしておりません。

 

だからこそ、上記以外のタイミングでコーヒを飲むことは効率的に飲む方法とは言えないのです。

そればかりでなく、体がだるいなどの状態になるため、飲むタイミングも気をつけなければならない、ということなのです。

しだゆう
しだゆう
なっ、なんてこった、、、私は今まで、朝起きてすぐコーヒー豆を挽いて飲んでいたのさ
ちゃんば
ちゃんば
あちゃ〜、、それは大失敗だね、、逆に眠くなるとか副作用なかったの?
しだゆう
しだゆう
それはなかったけど、、けど本書と出会えて、そして気づけてよかったよ!

ちなみに本書を知ったきっかけはこちら↓↓

ジャックナイトに参加した際にお知り合いになった「しみしょー」さん。

このツイートがきっかけで、私は早朝のコーヒー習慣をやめました!

きっかけをいただけて、本当に感謝しております!

デメリットにならない飲む量の目安とは

飲む量の目安としては、

1日3杯を目安にすること。

さらに付け加えると、砂糖を入れたい場合は、白い砂糖ではなく「黒砂糖」を入れること!

 

理由は、黒砂糖は消化がゆっくりのため、血糖値をゆっくりあげることで、自律神経を乱すことなく摂取できるから、と本書では伝えております。

 

このことから、私は普段コーヒーに牛乳を少し入れるだけのスタイルなので、砂糖を入れることはないのですが、入れたくなった時用に黒砂糖をストックしておこう!と決めましたね。

補足:ビールは太る、は勘違いだという事実

せっかくなので、ビールの話についても少しだけ触れます!

私自身、大のビール党であり「とりあえず生で!」と当たり前のようにいいます。

とりあえず、ではなく、もちろん生で!という方が正しいのですが、ビールが大好きですw

 

よく聞く言葉で「ビールは太るからなぁ」「ビールっ腹」「プリン体が多いから痛風が、、、」をよく耳にします。

ですが、これは100%事実ではありません!

 

ビールは太る、というのは、ビールが原因なのではなく、ビールに合わせて食べるものが原因だということ!

ビールと高カロリーの料理というのは非常に相性が良く、ついつい飲んで食べてしまいます。

だからこそ、ビール飲めば太るからなぁ、というゴチャ混ぜな話になってしまうのです。

 

そして、ビールのカロリーのおよそ1/3が糖質である、ということを知っていると尚更ビールは太ると思いがちです。

ビールには糖質の他に、ビール酵母という各種ビタミンB群が含まれる成分も含まれております。

 

代謝をサポートする役割をもっているため、ビール単体でいえば太る飲み物ではないことが言えます。

要するにビールは太ると言われる原因は、高カロリーの料理を大量に摂取してしまうから、と言い換えることができます!

 

その他にもさまざまな効能がビールにはあることを本書ではお伝えしておりますので、ぜひ興味がある方は手に取ってみてください!

ちなみに、Kindle版で読む際は「Kindle Unlimited」がオススメです!
初月無料というのもありますが、その後は月々980円で本読み放題のAmazonのサービスです。
本書もサービス対象なので、この機会にぜひ登録してみてください!

まとめ

『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』馬渕 知子
いかがでしたでしょうか??

以下はまとめとして

  • 脂肪燃焼効果のでるコーヒーの飲み方について
  • コーヒーの効能について
  • コーヒーの飲み過ぎがもたらすデメリットについて
  • デメリットにならないタイミングの目安について
  • デメリットにならない飲む量の目安について
  • ビールが太るのではなく、付け合わせが高カロリーだから太る!

本書は上記以外にも

  • 一流は3度の飯より「飲む」にこだわる理由について
  • コーヒーとビールを戦略的に飲むことについて
  • 自律神経が乱れていると能力が発揮できない理由について
  • 2日酔いにならない飲み方について
  • 水分補給こそが体調を良くする理由について

などが書かれています。

 

コーヒーやビールが大好きな方には、ぜひ読んでいただきたい内容が満載の1冊となっております!

ぜひこの機会に読んでみてはいかがでしょうか?

しだゆう
しだゆう
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
ちゃんば
ちゃんば
ビールやコーヒーは大人になるための階段だよね、、まだ飲めないけど、コーヒー挽くのはまかせてね!
しだゆう
しだゆう
うん!もう少し大きくなったら頼むねっ!

【目次】
序 章 コーヒー&ビール最強説
第1章 パフォーマンスを下げるコーヒー&ビールのイケてない飲み方
第2章 コーヒーでハイパフォーマーになる
第3章 太らないビール、酔わないビール
第4章 パフォーマンスを底上げする水分補給のルール
巻末付録 コーヒーとビールのトリビア集

ABOUT ME
shidayuu
元バンドマンで読書・書評をしている函館在住32歳、しだゆうと申します! このブログでは主に読書した内容を元に、「ヒラメキを発信する」をテーマとして毎日更新しています。 書評をメインに、たまに元バンドマンの知識を発信していきます! あなたの役に立てる記事を書いていきます!