経験談

北海道全域停電から学んだ、緊急時の「キャンプの心得」と非常時に役立つモノの重要性【H30.9.6-北海道胆振中東部地震】

2018年9月6日、北海道の夜明け前にそいつらはやってきた。。

鳴りさけぶiPhoneのアラートが教えてくれたのは巨大地震がくる、という警報。

 

私はその瞬間、同じ布団で眠っている娘の位置を確認し、すぐさま覆いかぶさった。

どのくらい揺れていたかは覚えていない、、ただただドアが激しくキシむ音だけが鳴り響いていた。

 

地震がおさまると、妻が慌てた声で

「(娘の名前)はどこ?? どこにいるの??」と言った。

 

私の体の下にいるよ、と伝えたら安心したようで、

 

「、、、こわかった」と震えた声でつぶやいた。

 

幸いなことに倒壊することも、物が落ちて壊れることも

娘が泣き出すこともなかった。

 

娘は安心したのかはわからないが、いつもと変わらない可愛い寝顔のままだった。

 

間もなくして、電源が切れる音がした。

停電したのである、、その時は地震の影響で近くの電柱が折れたか何かしたんだろうと軽く考えていた。

事態はそんな甘いものではなかった。。


函館市は旧南茅部町という漁師町に住んでいる、しだゆう(@araShidayuuKi)と申します!

今回の記事は、北海道胆振中東部地震による被災を経験し、電気のない生活の大変さを実体験を通してお伝えするという内容となります。

我が地区では震度5弱ということで、大きな被害こそはありませんでした。

ですが地震の衝撃や停電の影響により、大きな爪痕を残しました。

9月9日午前10時の段階で、1部地区を除きまだインターネット回線や携帯電話の電波は復旧していません。

大地震が起き、北海道全域が停電になったことで改めて電気の大切さに気づき、非常時用の備えの大切さを身をもって感じることができました。

そんな経験から、電気のない生活がどんなものだったかをお伝えします。

北海道胆振中東部地震発生の影響で北海道全域が停電した

Candle

停電は、私が住んでいる家では41時間続いた

携帯の電波に関しては停電発生から20時間後には圏外になってしまった。

軽く考えていた自分としては、まさかこんなにかかるとは想像もしていなかった。

ここでも幸いなことに、供給がストップしたのは電気だけであったということ。

水道は、出る勢いこそ弱まっていたが断水することはなかったし、普段調理する際に利用していたのはLPガスであったため、配管の損傷もなく普段どおり使えた。

水があり、調理ができる環境もある。それだけでも恵まれているとすぐにわかった。

なぜならばオール電化住宅やIHクッキングヒーターを使っている家庭となるとそうはいかないからだ。

 

自分の環境が恵まれているとすぐにわかった理由としては、妻の実家がオール電化住宅であり、妻の姉の家がIHクッキングヒーターを利用しているから。

水はあるが、調理ができない、、ともなると話は大きく変わってくる、、小さな子供がいるとなおさら大問題に変わる。

 

妻の姉の家には、持ち運びできる1口のガスコンロは無かった。

それでもご近所さんとの連携でどうにかできた、と後々聞き、ホッと一安心できた自分がいた。

キャンプを年に何回かしている家庭であれば、持ち運びできるガスコンロは必需品であり、ガスコンロ用のガスボンベも携帯していただろうに、、


緊急災害時に必要な「キャンプの心得」とは

Camp relax

私は両親の影響もあり、毎年ゴールデンウィークといえばキャンプにいく家庭でした。

そのおかげで、家庭を持ってからも行ける時はキャンプに行く、という習慣を持っていた。

今回の被災時の電気だけが使えないという状況において、キャンプに慣れた人はこのように考える。。

 

「キャンプをする時は電気がないのが当たり前!」

 

 

そんな考え方を持っていた私は、停電になっても焦ることはありませんでした。

電気の使えるキャンプなんて、キャンプじゃない、、とすら言うアウトドアマンもいるだろう、、

電気がなくなって困ることは山ほどあるが、冷静でいられたのはキャンプ慣れという経験値があったからだろう。

つまり緊急災害時に必要な持つべきキャンプの心得とは、非日常を自主的に経験すること。

電気もあり、水道もガスもなんでもある日常から、キャンプという非日常を数日過ごすだけでこの経験値は養われます。

「電気がつかないから何していいかわからない、、」「冷蔵庫のものが腐っちゃう、どうしよう、、」などなど

初めての体験であれば不安になるのは当たり前のことです。

毎日、今晩のおかずは何を作ろうかなぁと悩んでいる主婦の方であれば不安になることは当然です!

だからこそ、年に1度でも非日常の生活に時間を使ってみるのです!

電気のない非日常の生活を経験しておけば、こういった緊急災害時に役立ちます。

結果として、停電しても焦らずに何をしたらいいか、、と冷静に考え行動することができるのです!

緊急災害時はキャンプ用品が役に立つ

Camp item

キャンプをするメリットは心得だけではなく、キャンプ用品が非常時に役立ちます!

キャンプ用品の一例として
  1. 持ち運びできるガスコンロ
  2. クーラーボックス
  3. 携帯ラジオ
  4. 懐中電灯・室内用ライト
  5. 貯水用タンク5L,10L,20L

などなど、他にもまだありますが全てあげたらキリがありません。

今回特に役に立ったのは、携帯ラジオと室内用ライトです。

 

 

携帯の電波が生きていれば、携帯で情報を確認できますが、電気や電波がない場合はラジオが貴重な情報源となります。

ましてやテレビの音声もなにもない状況だと、あまりに静かすぎて気が滅入ることだってあります。

内容は聞こえなくとも、誰かの声が聞こえてくるだけで心理的にも安心するというものです。

電気やガスのない生活をキャンプという経験で積んでいれば、どう過ごしたらいいか?なんていう心配事はなくなります。

大地震により電気を失ったことで本気で困ったこと

とはいえ、あなたが非日常であるキャンプを経験しているとは限りません。

うちの妻の場合は、私がキャンプ好きということで、なかば強制的にキャンプに連れて行ってました。

経験も2~3度と少なかった為、停電した際は焦ってどうしたらいいか?と困惑しておりました。

では具体的に電気がなくて困った電化製品とは、、

電気がなくて困った電化製品
  1. 冷蔵庫
  2. 給湯器(ボイラー)
  3. 洗濯機
  4. 室内灯
  5. テレビ
  6. ウォシュレット
  7. Wi-Fi
  8. エアコンor暖房器具
  9. 携帯電話の充電

【冷蔵庫】停電時の利用方法

停電した場合、冷蔵庫はどうなってしまうか、想像つきますか?

、、基本的にはいま考えていただいた想像で大丈夫です!

時間が経つにつれて、冷蔵庫内の温度は室内の温度になろうとします。

せっかく冷やしておいたビールもぬるくなり、お風呂上がりに食べようと思っていたアイスもグチャグチャに溶けてしまいます。

アイスに関しては停電してから5時間後には柔らかくなっていたので、溶けきる前に家族3人で食べました。

逆にストッカー(冷凍のみ)であれば、長持ちしてましたが、24時間以上経過すると開け口に近い部分から溶け始めてましたね。

冷蔵庫に入れていた生肉なんかは、すぐに悪くなってしまうため早めに調理しなければいけない状況になります。

24時間経過後には、冷凍していた魚が溶けていたので「早めに焼いて食べなきゃヤバいね、、」なんて会話もしました。

もしこの状況が1週間も続いたと考えると、、、すべて溶けて腐っていたでしょう。

なので日常的に食材を備蓄することは良いことですが、冷蔵・冷凍という保存方法に頼りすぎずに保存できる食材を備蓄することが大切なんだと学びました。

例としては乾麺・カップ麺・缶詰の食料・乾物(水に浸けると戻る食材)などでしょう。

1つの教訓として冷凍・冷蔵庫に食品は必要以上にため込まないという事です。

【冷蔵庫】停電時にやるべきこと

製氷室のある冷蔵庫であれば、氷をそのままにしておくと溶けだし、水が溜まります。

停電したら早急に利用するか、氷を捨てるかする必要があります。

溶けてから開けると間違いなく足元は水だらけになりますので注意しましょう。

【給湯器】停電時の利用方法とやるべきこと

停電した場合、給湯器はただ電源がオフになるだけなので、必要以上に恐れる必要はありません。

利用方法はとくにありませんが、貯湯式タイプの給湯器であれば、何リットルかボイラーのタンク内に残っています。

そのお湯を有効に使う、というのも1つの利用方法です。

それ以外では利用方法はありませんが、もし時期が真冬で外気温がマイナスになる日が続く、なんてことがあれば水抜きは必須作業となります。

この作業を怠ると、水道管が凍結し、破裂する可能性が多々あります。

 

豆知識として、給湯器の水抜き方法は最低限知っておきましょう!

給湯器別の水抜き方法に関しては以下の記事を参照ください↓↓

絶対覚えて!給湯器の水抜き方法・水道管の凍結防止方法や対処法

やっておくべきことは、電源が入ると自動的に動き出すタイプの給湯器もあるため、下記の作業をすることをオススメします。

  1. 給湯器のコンセントを抜いておく
  2. 給湯器へ供給している燃料の元栓を閉める

以上の2点と、真冬の凍結が予想される場合は水抜きもお忘れなく。

【洗濯機】停電時は衣類は入れておかない

洗濯機は停電してしまったら、、機能を果たすことはできません。。

利用方法は無し。

やるべきことは、洗濯機内に入れている衣類を放置しないこと。

 

異臭の原因や衣類の変色に影響しますので、使用できない洗濯機の中には洗濯物はいれておかず、出しておきましょう!

洗濯をどうしてもしなくてはいけない状況であれば、「手洗い→絞る→干す」しか方法はありません。

【室内灯】停電時はもうどうしようもない

停電してしまったら、利用方法もやるべきこともありません。

スイッチをオフにしておくでもいいですし、電気が供給されたらわかるようにオンにしていてもいいと思います。

キャンプをする場合はテント内で使える電池式の360度を照らしてくれるライトがあるので、そういう物も準備しておくと大変便利です。

キャンプシーズンになるとホームセンターで販売していますので、時期を見て探してみることをオススメします。

下記、参考までに↓↓

 

【テレビ】停電時は電源を抜くのみ

テレビに関しても停電時は大きなただの箱となります。

利用方法はありません。

ただし、コンセントは抜いておくことをオススメします。

 

その理由としては、真夜中に復旧した際に電源がはいり、遠くから人の声が聞こえるなどの恐怖体験につながることがあります。

音量によっては子供が目を覚ましてしまうことにもつながりますので、コンセントは抜いておく方が無難といえます。

Eテレが見れなくなった影響で娘が大暴れした

余談ではありますが、我が家では困った時はEテレの録画を見せる!というワザを使います。

子供がいる家庭ではよく使われる技法ではありますが、このワザを使えば泣きやんだり、家事ができるなど、メリットがたくさんあります。

しかし停電により、その技が使えなくなると家庭のサイクルが一気に崩れます。。

困った時のワンワンさま、、

困った時のあつこお姉さん・ゆういちろうお兄さん、、

この2日間は本当に子供向け番組のありがたみを感じる良い機会でした(しみじみ)。

【ウォシュレット】停電すると気づくありがたみ

停電してしまった場合、ウォシュレットを使うことはもちろんできません。

便座の暖房機能もオフになるため、それに気づかずに座ってしまうとビクッ!となってしまうので注意しましょう。

普段ウォシュレットを何気に使っていますが、使えなくなるとお尻を拭く回数が増えるだけでなく、その後の違和感も残ります。

水の勢いで綺麗にする機能とはいえ、無くなるとこんなにも虚しい気持ちになるなんて、、

ウォシュレットは電化製品としては結構重要なポジションにいるんだなぁと再確認させられましたね。

【Wi-Fi】停電時は電源を抜くのみ

Wi-Fiのルーターだけに限らず、ネット回線の機器は全てコンセントから外しておくのもいいでしょう。

抜かなかったからといって問題があるわけではありませんが、復旧後にまれに電波があるのに繋がらないという状況もあります。

復旧後は、光回線がつながっている末端装置から順番に電源を入れていきましょう。

【エアコンor暖房器具】停電時にやるべきことは2つ

  1. 電源コードを抜いておく
  2. 燃料供給バルブを閉める

時期的なものではありますが、エアコンの場合はコンセントを抜いておくのが良いでしょう。

暖房器具に関しても、コンセントを抜き、灯油やガスの燃料供給バルブを閉めておきましょう。

電気ストーブに関しても、コンセントからはずし電源はオフにしておきましょう。

【携帯電話の充電】停電時は乾電池式の充電器がオススメ

Charge phone

スマホやiPhoneを使用している方であれば、1日に1回の充電は当たり前になっています。

少なからず持ち運びできる充電器を持っている方も多いのも現状です。

充電器は2種類あります。

  1. バッテリー内蔵型の充電器
  2. 乾電池式の充電器

私はこのどちらも持っていたため、自分用と奥さん用で使い分けができました!

 

では、緊急時にはどのタイプの充電器が使いやすかったか、、

 

バッテリー内蔵型の充電器の場合、充電してなくて使えなかったというケースがあります。

実際に私は過去に使えなかった経験があり、持っているけどその都度使ってしまっていて充電できない、という状況に陥ったことがありました。

今回のような予測できない緊急時の場合には、バッテリー内蔵型の充電器はあまりオススメできません。

いざという時のために充電しておくなんて面倒臭いし、いつくるかもわからない災害に備えてられない、と思うのも当然でしょう。

ではそんな人にはどんな充電器がオススメなのか、、

 

そこで重宝されるのが乾電池式の充電器です!

乾電池は保管がききますし、充電器自体も日常的に使ってもいいですし、予備の乾電池があればすぐ充電できます!

乾電池は使うのがもったいないと感じ、保存しておく傾向にあるので、緊急時用の備えとしては適しているといえます。

ですので非常時には乾電池式の充電器を持っておくことをオススメします。

補足:停電時に備えておけば絶対役立つもの2選

今回の経験をふまえた上で、これがあれば停電を難なく乗り越えたなと感じたものがあります。

それがこちら↓↓

  1. ハイブリット車
  2. 発電機(燃料は軽油)

1.ハイブリット車がなぜ停電時に役立つのか

Hybridcar

ハイブリッド車と聞くと、低燃費が売りのイメージですよね?

たしかに低燃費が売りなのはその通りですが、災害時には電源の供給にも力を発揮します!

もちろん燃料が入っていることが前提となります。

燃料が入っていれば少しくらいの電力の供給なら、車内のコンセントから延長コードをひっぱって供給が可能となります。

 

実例を見るまでは気づかなかったのですが、ハイブリッド車からコードを引っ張って昆布の作業しているのを見た瞬間に、ハイブリッド車の便利さを知りました!

これからガソリンなどの燃料を消費する時代ではなくなるのが予想される車業界ですが、こういった緊急災害時に役立つんだと知っておくと、次の車選びにはとても参考になりますね!

ハイブリッド車に限らず、プラグインハイブリッド車(燃料をガソリンor電気で切り替えて使用できる)や、電気自動車もオススメです!

ただし、燃料が少ない場合や電池の残量が少ない場合は注意が必要になりますので、常日頃から半分になる前に給油するように心がけましょう。

発電機(燃料は軽油)がなぜ停電時に役立つのか

発電機とはその名前の通り、電気を発電するための機械です。

※上記はガソリンタイプの発電機です。 

一般家庭で備えている家庭は多くはありません。

ですが漁師町に住んでいると漁師作業で使用している家庭もあり、備えとして持っているケースがよくあります。

大型のものでなくとも、非常時用の備えとして今後は一家に一台備えるべきものではないでしょうか?

発電機と延長コードがあれば、どうしても使いたい家電につなぐことで使用できるようになります。

ガソリンではなく軽油をオススメする理由

発電機選びのコツとしては、燃料が軽油であること!

その理由としては、ガソリンだと燃料の保管ができない&危険が伴うからです。

何気なく毎日消費されているガソリンですが、常温では気化(液体から気体になる)します。

気化したガソリンの近くでタバコなんて吸おうものなら、一瞬にして引火して爆発してしまいます。

そのためガソリンは携行缶でのみ保管可能ですが、事故が多いためガソリンスタンドでは携行缶での販売をしていないところもあるくらいです。

ですのでガソリンは危険&保管できないという点を考えれると、だんぜん軽油をオススメする理由がわかると思います。

軽油に関してはポリ容器での保存が可能ですので多少なりとも備蓄が可能ですし、常温で気化しないので安全です!

とはいえ100%安全とはいえないので、あくまで燃料として使われるものである、と細心の注意をして使うことをオススメします。

※こちらのタイプは東日本地域専用周波数モデルとなります。西日本地域にお済みの方は60Hzモデルをご確認ください。

まとめとして

①緊急災害が起きた際の心得としては↓↓

  1. 落ち着くこと。
  2. 深呼吸して状況を把握すること。
  3. 冷静になって何をすべきかを考えること。

日頃の訓練として役立つものは、キャンプを経験すること

理由としては、非日常の生活を楽しむことができれば、災害時で電気がなくても焦ることはなくなります!

 

②家電に関しては、電気が使えないとなるとただの大きな箱にかわります。

冷蔵しているものも24時間以上たつと解凍され、食材が痛み出します。

日頃の訓練としては、冷蔵・冷蔵庫の中にたくさんいれておかないこと。

冷蔵・冷凍庫に頼らずに保存できる食材を備蓄しておくこと

 

③携帯電話の充電に関しては、今の時代はスマホやiPhoneは情報を仕入れるための重要なツールです。

非常時の対策としては↓↓

  1. 非常時用でも使用可能な充電器を備えておく。
  2. 万が一に備え、携帯用ラジオ・ライトもこの機会に準備しておく。

電池がなくなってしまうことは情報を得られなくなるだけでなく、混乱を招きます。

携帯の充電器に関しては、バッテリー式ではなく、乾電池式の充電器をオススメします!

 

④今後の備えとしては↓↓

  1. 車はハイブリット車orプラグインハイブリッド車or電気自動車。
  2. 緊急災害時用の発電機(オススメは軽油)を用意する。

あると絶対に役に立つ神器となることでしょう。

車を購入検討している方であれば、ハイブリッド車という選択もぜひ視野に入れて起きましょう!

 

終わりに:幸いなことに電気だけが遮断された形となりましたが、震源地周辺の地区では全てのライフラインが供給停止を余儀なくされております。

早急な復旧に向けて尽力されている皆様には心より感謝の意を申し上げます。

ながながと読んでいただきありがとうございます。

ABOUT ME
shidayuu
元バンドマンで読書・書評をしている函館在住32歳、しだゆうと申します! このブログでは主に読書した内容を元に、「ヒラメキを発信する」をテーマとして毎日更新しています。 書評をメインに、たまに元バンドマンの知識を発信していきます! あなたの役に立てる記事を書いていきます!